ノートパソコンをLANに接続する方法


目次

I 機器の接続

II ネットワークソフトウェアの設定

1. LANカードドライバの設定

2.「ネットワーク」の設定

3.「サーバ」の設定

III サーバへのアクセス

IV. 電子メールの設定

V. 接続に関するトラブルシューティング

 

I 機器の接続

(1)ノートパソコンのPCカードスロットにLANカードをさす。向きに注意する。

(2)LANカードにLANカードアダプタを繋ぐ。付ける向きに注意する。

(3)教室備え付けのモジュラー・ケーブルとLANカードアダプタを繋ぐ。モジュラー・ケーブルは、自分の機械に届く長さのものを選ぶ。ツメの部分が「カチッ」と入るようにする。(外すときは、このツメの部分を押さえて引き抜く)

(4) 机にある情報コンセントにモジュラー・ケーブルを接続する。ツメの部分が「カチッ」と入るようにする。

 

※モジュラー・ケーブルは、教育学部の備品です。終了後は、モジュラー・ケーブルを所定の場所に返却するのを忘れないでください。

 

II ネットワークソフトウェアの設定

1. LANカードドライバの設定

(1)「スタート」メニューから「設定」を選び、「コントロールパネル」を開く。

(2)アイコン「システム」をダブルクリックする。

(3)「システムのプロパティ」ウィンドウが現れる。上部にある「デバイスマネージャ」のタブをクリックする。「ネットワークアダプタ」のアイコンの前の「+」印をクリックして、その下に。LANカードの名称(製品の名称)が出てくれば、「OK」して終わる。もしも、出てこない場合は、 LANカード付属の説明書を読んで、付属のフロッピーディスクでドライバをインストールする必要がある。

 

2. 「ネットワーク」の設定

(インターネット接続用ウィザードを利用して設定するときは、適当に以下を読み替えてください)

(1)「スタート」メニューから「設定」を選び、「コントロールパネル」を開いておく。

(2)アイコン「ネットワーク」をダブルクリックする。

(3)「ネットワーク」ウィンドウで、まず、「識別情報」(または、「ユーザー情報」)のタブをクリックする。「コンピュータ名」には、ユーザ名を入れておく。「ワークグループ」は何でもよい。

(4) 「ネットワークの設定」タブをクリックする。すると、「現在のネットワーク構成」の窓が現れる。「TCP/IP」アイコンをクリックして選択する。そして、下の「プロパティ」ボタンをクリックする。「 TCP/IPのプロパティ」ウィンドウの上部に現れる選択肢「IPアドレス」「WIN設定」「ゲートウェイ」「DNS設定」「NetBIOS」「詳細設定」「バインド」のタブをクリックして、それぞれの項目を以下のように設定する:

・「IPアドレス」:「IPアドレスを自動的に取得」を選択する(前のマークを黒丸にする)。

・「WIN設定」:「WINの解決をしない」を選択する(前のマークを黒丸にする)。

・「ゲートウェイ」:これはそのままにしておく。

・「DNS設定」:「DNSを使わない」を選ぶ(前のマークを黒丸にする)。

・「NetBIOS」:そのままにしておく。

・「詳細設定」:そのままにしておく。

・「バインド」:そのままにしておく。

(5)以上が終わったら、「OK」をクリックする。再起動を求められた場合は、再起動する。

 

3. 「サーバ」の設定

 ここでは、WWWブラウザとして、InternetExplorerを使用する場合を説明する。

(1) InternetExplorerを起動させる。メニューバーが現れたら、アイコン「中止」をクリックする。

(2) メニューバーの「ツール」を選び、「インターネットオプション」(または「オプション」)を選択する。

(3)「接続」タブをクリックして、「LANの設定」をクリックする。

(4)「プキシサーバを使用する」と「ローカルアドレスにはプロキシサーバ を使用しない」の項目の前のマークをチェックにして、以下を記述する。:

・アドレス:proxy.cc.yamaguchi-u.ac.jp

・ポート:8080

(5)「詳細」ボタンを押して以下をする。:

・サーバの記述を確認

・「すべてのプロトコルに同じプロキシサーバを使用する」の項目の前の マークをチェックする。

・例外に *.yamaguchi-u.ac.jp を記述する。

(6)「OK」して、 InternetExplorerの初期画面に戻る。

 

III サーバへのアクセス

1. InternetExplorerの「ファイル」メニューから「開く」を選ぶ。URLアドレス欄に http://ic.cc.yamaguchi-u.ac.jp を入力しOKする。

2. 「山口大学情報コンセント」のホームページが現れる。今後の便利ために、そのページを「お気に入り」に登録する。「情報コンセント」と名前を付けて登録しておくとよい。

3. 入学時にもらった山口大学のサーバーの「ユーザ名」と「パスワード」を入力する。(教育学部のサーバーのものと異なるので注意)

 

IV. 電子メールの設定

 OutlookExpressを使用する場合を説明する。

1.  OutlookExpressメニューの「ツール」から「アカウント」を選択する。「メール」を選択する。

2. 質問に答えながら、「次へ」をクリックしていき、以下の情報を次々に入力する:

・「表示名」:自分の名前をローマ字で入力する。

・「電子メールアドレス」:自分の電子メールアドレスを入力する。

・「サーバ」:「edu.yamaguchi-u.ac.jp」と入力する。

・「メールログオン」:「アカウント名」には、自分の電子メールアドレスを再び入力する。「パスワード」には、パスワードを入力する。画面には「*******」というような表示しかでないが、かまわず入力する。

・「接続の種類」:「LAN」を選ぶ。

これらをすべて入力し終わったら「完了」をクリックする。

 

3.  OutlookExpressメニューの「ツール」から「オプション」を選ぶ。「送信」タブを選び、「TEXT形式」を選択しておく。

 

4. 「OK」する。以上で接続のための設定は終了。

 

V. 接続に関するトラブルシューティング

 

1. LANカードのドライバは、インストールされていますか?

 ドライバは、LANカード付属のフロッピーがないとインストールできません。

 

2. 設定入力に誤りはありませんか?

 数字やピリオドの打ち間違いがあると、動きません。また、ほとんどの設定は、半角英数字入力するようになってます。パスワードの入力では、大文字と小文字の区別があります。

 

3. サーバが停止していませんか?

 サーバは定期点検や故障で使用停止になっているときがあります。他のユーザがアクセスできているか、聞いてみてください。

 

4. ケーブルや情報コンセントに故障はないですか?

 他のモジュラー・ケーブルにとりかえてみたり、他の情報コンセントで試してみてください。