平成15年度後期開講 情報処理技術者試験「基本情報技術者」講習会のご案内

 

 情報処理技術者試験「基本情報技術者」の受験準備のための講習会を開催することになりました。 説明会を 10月30日(木)午後6時より共通教育29番教室で開催しますので、ぜひとも参加してください。大学院生も大歓迎です。講習会は114日より毎週火・木曜日の午後6時から730分まで、教育学部・理学部の情報を専門とする教員により開催されます。

□試験制度について:情報処理技術者試験は、昭和44年に当時の通商産業省によって「情報処理技術者認定試験制度」として創設された国家資格の試験です。平成13年度には新しい試験制度へ移行し、新制度では、情報システム開発・運用側向けの試験と、情報システム利用側向けの試験が実施されています。今回、講習会を実施する「基本情報技術者」試験は開発・運用側向けの試験で、情報システム開発プロジェクトにおいて、仕様に従ってプログラムを設計・開発する能力を確かめるものです。

□試験について:受験資格は特になく、年齢、学歴を問わず誰でも受験できます。合格率は1020%程度で簡単な試験ではありませんが、一方で、情報関係の企業・職種に就職を希望する人にとっては必修の資格です。合格すれば、情報処理に関する一定の知識・技能を修めたものとして就職の機会に自分をアピールすることができます。試験は、年に2回、春(4月第3日曜日)と秋(10月第3日曜日)に山口県では山口大学共通教育棟で実施されます。次回は418()に実施される予定です。試験の日程は、午前(930分〜150分間)、午後(1時〜150分間)です。午前の問題、午後の問題ともに70%くらいとれば、合格できるようですが、どちらか一方が悪いと、もう一方が良くても不合格となるようです。試験の解答は多肢選択式のマークシート式で、大学受験のセンター入試のようなイメージです。

□講習会の内容:今回の講習会では、基本情報技術者試験の午後の問題で必ず出題されるC言語によるプログラム開発について講習を行います。過去の問題を1問ずつ取り上げ、詳しく解説していきます。そのため、C言語の基礎的な事柄については、受講生は既に学んでいるものとして進みます。簡単なC言語のプログラムを作成したことのある人、C言語の授業を受けたことがある人を想定しています。


□講習会のホームページ:http://mis.edu.yamaguchi-u.ac.jp/kaisetu/fe04/fe04-poster.pdf

□講習会の日程:http://mis.edu.yamaguchi-u.ac.jp/kaisetu/fe04/fe04-plan.pdf

□受講の申込書:http://mis.edu.yamaguchi-u.ac.jp/kaisetu/fe04/fe04-mou.pdf

□受講者からの質問とその回答:http://mis.edu.yamaguchi-u.ac.jp/kaisetu/fe04/fe04-qa.html

□情報処理技術者試験センター:http://www.jitec.jp/


ご質問は E-mail: anomura@yamaguchi-u.ac.jp までお願いいたします。