ウォーター

UNIX のコマンドの解説


ここでは、最低限必要な UNIX のコマンドを解説します。cygnus の場合にはWindows からディレクトリ操作、ファイル操作ができますが、知っておくと今後便利です.


ディレクトリの操作

UNIX も Windows と同じようにツリー状のディレクトリ構造を用いています。現在、自分がいるディレクトリは
pwd [ENTER KEY]
と打ち込めば表示されます(ただし、[ENTER KEY] はエンターキーを表します).
ディレクトリを移動するには、
cd 移動先のディレクトリ [ENTER KEY]
と打ち込みます.また、UNIX では Windows の \ の代わりに / を用います.例えば Windows では c:\dir1\prog1.c のファイルは cygnus では c:/dir1/prog1.c となります.
ディレクトリを表す特殊な記号として
/   トップディレクトリ
.   現在のディレクトリ
..   現在のディレクトリのもう1つ上のディレクトリ

などがあります.


ファイルの操作

どんなファイルがあるかを見るには、
ls [ENTER KEY]
と打ち込めば、ファイルのリストが表示されます.このときには ディレクトリもファイルも全く同じように表示されますから、区別がつきません.ディレクトリとファイルの区別をつけて表示したいときには
ls -F [ENTER KEY]
と打ち込めば、ディレクトリには最後に /  がついて表示されます.また
ls -l [ENTER KEY]
と打ち込めば、ファイルを作った日付なども同時に表示されます.
ファイルをコピーするには
cp 元のファイル 新しく作るファイル [ENTER KEY]
と打ち込むと「元のファイル」が「新しく作るファイル」にコピーされます.
ファイルを消去するには
rm 消去するファイル [ENTER KEY]
と打ち込むと「消去するファイル」が消されます.また
rm -r  消去するディレクトリ [ENTER KEY]
と打ち込むと「消去するディレクトリ」の下にあるファイル、ディレクトリが全て消去され、最後に「消去するディレクトリ」も消去されます.
ファイル名を変更するには
mv 元のファイル名 新しいファイル名 [ENTER KEY]
と打ち込むと、元のファイル名が新しいファイル名に変更されます.
テキストファイルの中身を見るには、エディタを用いてもよいのですが、
cat テキストファイル [ENTER KEY]
と打ち込めば、画面にテキストファイルの内容が表示されます.


メール アイコン
メール
トップ アイコン
トップ


ウォーター