HOME » 大学教育改革支援プログラム等

大学教育改革支援プログラム等

平成17・18年度::教員養成GP:: 「ちゃぶ台方式による協働研修計画」

e-ちゃぶは、山口大学教育学部が平成17,18年年度「大学・大学院における教員養成推進プログラム」【教員養成GP】プロジェクトとして文部科学省より委託された、“「ちゃぶ台」方式による協働型教職研修計画”(以降、ちゃぶ台GP)の一環として、教員を目指す学生・現職教員・大学教員が集まって意見交換をするコミュニティサイトとして構築されました。
ちゃぶ台GPの終了後も、大学と地域の教育関係機関とが協働して取り組んでいる放課後チュータ事業やちゃぶ台林間学校などの各種事業は、ちゃぶ台関連のプロジェクトとして継続的に実施されており、それらに関するお知らせ・報告書などを公開しています(一部の情報は学内限定)。

平成19・20年度::専門職大学院等GP::「ちゃぶ台型ネットによる理科教育支援計画」

現職教員を対象とした既設の「理科実験講座」を改編・拡充し、本学の「ちゃぶ台方式による協働研修システム」を活用して、現職教員・大学教員・学生が参画する「ちゃぶ台型理科教育支援ネットワーク」 を構築します。従来の単発型・イベント型研修を脱して、日常的に支援を継続することにより、理科の授業に困難や非力感を抱いている小学校教員や学生に対して、彼らの直面している具体的な事例・課題の個別的な解決を図ります。

平成19年度::教員養成改革モデル事業::「ちゃぶ台方式による学生と新任教員の協働型教職研修」

「教職志望学生」と同年代の「新任教員(臨時的任用教員を含む:以下「新任教員」)」とが交流する相互研修組織(「ちゃぶ台」型コホート)を設置し、大学教員と県・市教委等職員との協働のもとで、教職実習・教職実践体験の共有と省察を通じて「教壇に立つための基本的な資質」「教職実践課題の解決力」「省察力」の醸成のための研修モデルを開発・試行します。

平成19年度::教科指導力向上プロジェクト:: 「ちゃぶ台方式による小・中連携型の社会科授業研修計画」

社会科実践に関する既存の自主研修会を発展させ、現職教員・学生・大学教員の三者が協働して、社会科授業における児童生徒の学習意欲を向上させ、知識・技能を有機的かつ効果的に「連結」させることを目指す「ちゃぶ台型社会科ネット」を構築します。

平成19年度::教職課程の課程認定後の事後評価のあり方プロジェクト::
「ハイパーサイクル型ネットワークによる事後評価指標策定プロジェクト」

教育機能評価においては「学生によるポートフォリオ分析」「教員による学生の到達度評価」「学生による教員の授業評価」「教員相互のピアレビュー」、あるいは「第三者機関や認証機関等による教育機能評価」などが活用されています。本プロジェクトは、これらの多様な評価指標を新たに統合的な指標として再構成する試みです。具体的には、従来の独立した個別の評価活動や評価指標の関連性や系統性の分析・検討を通じて「ハイパーサイクル構造」として整理・統合し、多様な評価指標に共通する因子や個別の因子の構造を明らかにするとともに、より客観的で妥当性の高い評価指標を産出することを目指す試みです。

平成19年度::教員研修モデルカリキュラム開発プログラム(独立行政法人教員研修センター委託事業)::
「校長・教頭等学校管理職のコミュニケーション能力の向上を図る学習者参画型研修モデル開発プログラム」

コミュニケーション能力のうち論理的思考能力、自己主張、表現・伝達技術に着目し、各能力の総合的な育成を図る研修モデルの開発・実証を通して今日的な学校教育課題の解決を図ります。