HOME » 総合案内 » 教育学部沿革

教育学部沿革


明治7年 4月
教員試験所の開設
明治7年 10月
山口県教員養成所に改称
明治10年 3月
山口県師範学校に改称
明治19年 8月
山口県尋常師範学校に改称
大正3年 4月
山口県山口師範学校(男子部)に改称

大正3年 4月
山口県室積師範学校の開設
大正9年 4月
山口県女子師範学校(女子部)に改称

大正9年 4月
山口県女子師範学校(女子部)に家事裁縫科教員養成所を併設
大正10年 4月
山口県立女子実業補習学校教員養成所に改称
昭和12年 3月
山口県立女子青年学校教員養成所に改称

大正9年 6月
山口県農業教員養成所の開設
大正10年 4月
山口県立実業補習学校農業科教員養成所に改称
昭和10年 4月
山口県立青年学校教員養成所に改称

昭和16年 4月
山口県立青年学校教員養成所に、山口県立女子青年学校教員養成所を統合
昭和19年 4月
山口青年師範学校に改称

昭和18年 4月
山口師範学校の設置
山口県山口師範学校(男子部)と山口県女子師範学校(女子部)の統合

昭和24年 5月31日
国立学校設置法に基づき、山口大学が発足
山口青年師範学校と山口師範学校が山口大学に包括され、 山口大学教育学部となる
光分校、防府分校設置
附属山口小学校、光小学校、山口中学校、光中学校の設置
昭和26年 3月31日
山口大学山口師範学校の課程廃止
昭和32年 3月31日
光分校の廃止
昭和35年 3月31日
防府分校(防府市)を山口本校(山口市亀山団地)へ統合移転
防府分校の廃止
昭和39年 4月1日
教育専攻科の設置(定員5名)
昭和41年 4月1日
養護学校教員養成課程の設置(定員20名)
附属幼稚園の設置
昭和47年 4月1日
小学校教員養成課程定員40名増、計190名となる
昭和47年 8月11日
山口大学の統合移転に伴い、教育学部は亀山団地から吉田団地(現在地)へ移転
昭和49年 4月1日
授業研究分析室の開設
昭和50年 4月1日
幼稚園教員養成課程の設置(定員30名)
昭和54年 4月1日
附属養護学校の設置
昭和62年 5月21日
附属教育実践研究指導センターの設置
平成元年 4月1日
総合文化教育課程の設置(定員40名)
平成3年 3月31日
教育専攻科の廃止
平成3年 4月1日
大学院教育学研究科の設置(定員23名)
学校教育専攻(1専修)、教科教育専攻(6専修)
平成6年 3月15日
山口大学教育学部とキャンベラ大学(オーストラリア)教育学部及びコミュニケーション学部と学生交流協定締結
平成7年 4月1日
大学院教育学研究科教科教育専攻に2専修の増設
平成8年 4月1日
教養部の廃止に伴い教養部教官の教育学部への分属(17名)
課程の改組(5課程を4課程とし、定員270名)
平成9年 4月1日
大学院教育学研究科教科教育専攻に2専修の増設
山口大学大学院教育学研究科の組織完成
附属教育実践総合センターの設置
平成10年 4月1日
課程の改組(4課程を5課程とし、定員240名)
平成27年 4月1日
課程の改組(5課程を1課程とし、定員180名)