HOME » 各課程・大学院 » 課程 » 学校教育教員養成課程 » 教科教育コース 国語教育選修

教科教育コース 国語教育選修

最近、日本語に対する関心が国際化社会というかけ声とともに非常に高まっています。しかしその反面、我々が日常不自由なく使っている日本語をちょっと立ち止まって眺めてみると意外に”間違って”いたり、その意味がよくわからないという発見が多くあるでしょう。

お乳を飲みながら親の話すことを必死にまねをし、学校で書き方を教わり、長い時間をかけて君たちが身につけてきた日本語を、今度は後輩たちに”正しく”伝えなければなりません。国語科はその正しい伝え方を学ぶところだといってもよいでしょう。そのためには、言葉を使って「考える」ということをしなければなりません。遠い我々の祖先たちがどのような言葉を話し、何を考えたか。また自然や人生をどのような言葉に託して残してきたか。そんなことを書物を通じて学び、舞台となった場所を訪れたりして、納得するまで時間を忘れて、仲間や教員と語り合う、そういう場が国語科なのです。一方で、そこから自分の”生き方”を発見するという意外なこともあるかも知れません。

そのような可能性のある国語科で、君たちが何かに出会うということに期待をかけています。

国語教育教室のHP


課程の表に戻る