HOME » 総合案内 » 学部のあゆみ

学部のあゆみ

山口大学教育学部には山口大学が設立される以前からの100年以上の歴史があります。
当時の写真とともに教育学部のあゆみを紹介します。

1874年(明治7)に山口県教員養成所が設立された。直後に師範学校と改称されている。この年、西南の役が起きエジソンが管式蓄音機を発明している動乱と科学進歩の足音が聞こえる。翌年に現在の山口市役所の地に本校舎が落成している。1898年(明治31)になって「山口県師範学校」が誕生した。
old1.jpg
山口師範学校正門

old2.jpg
1924年(大正13)教生授業風景
実験的な英語教育 附属光小学校
1914年(大正3)には光に山口県室積師範学校が開校し、上記の山口の本稿はその名称が山口県師範学校に改められた。1920年(大正9)に同じ光に山口県女子師範学校が設立されて、山口県室積師範学校の方は廃止となった。そのために山口の師範学校に「山口県師範学校」の名が蘇った。1943年(昭和18)に官立の山口師範学校が誕生した。

1941年(昭和16)には更に山口青年師範学校も設置されたが、山口大学の開学に伴ってすべてが教育学部に包括された。「師範学校」は1951年(昭和26)にその歴史を閉じている。写真に往時の子どもの胸の鼓動が聞こえる。二十四の瞳のその後の歩みは何処に、いまいずこにありや。
old3.jpg
1941年(昭和16)体練科 女児ナギナタ
附属光小学校